最新情報

2018年5月10日
オートロック・電気錠
世田谷区でMIWA BAN-WS1の故障修理対応!オートロックが閉まらない!電気錠システム
「オートロックマンションの電気錠が閉まらなくなり開きっぱなしになってしまう」という事で世田谷区で緊急対応した事・・・
2017年10月21日
オートロック・電気錠
テンキーが反応しない!美和ロック電気錠修理!東京都港区 MIWA TKU-002
東京都港区で会社事務所の電気錠テンキーが反応せず、すぐに修理してほしいとのご依頼がありました。 商品はMIWA・・・
2017年9月5日
ドアクローザー
川口市で美和ロックのドアクローザー交換事例。リョービやニュースターも対応します!
川口市で美和ロックのドアクローザー交換事例。リョービやニュースターも対応します! 埼玉県川口市の一戸建てで「扉・・・

~ 油断しない防犯対策 ~

~ 油断しない防犯対策 ~

中古物件を購入すると、契約後に売主から鍵を引き渡してもらうと思いますが、その後の
鍵交換は買主側の自由判断ということになると思います。

家を購入される際は、銀行のローンや引越しやお子さんの転入などの手続きが重なって、
正直鍵のことまで頭に回らないかも知れません。
ですが、買主側が自分で鍵を新しく交換することによって防犯性が高くなることは間違いありません。
ましてやそれを他人に委ねてしまうと、不安はずっと消えないものになる可能性はあります。

例えば契約時に「これが鍵です」と全ての鍵を引き渡してもらったとしても、これ以外に合鍵が
存在しないという保証はどこにもありません。
もしかしたら売主側が以前に合鍵を作っていて誰かに貸与し、それを全て回収が出来ていない場合も
あるかもしれないと言うことです。

純正の鍵は3本かもしれませんし、もしかしたら5本の場合もありえます。
買主側は万が一に備えて、油断しないことが重要になってきます。

カギは他人が持っていないことが前提で、防犯対策としての意味を持ちます。
ですので合鍵を含めて、全ての鍵の行方を買主側は把握しておく必要がありますね。
そういったことも踏まえて、中古物件の購入の際は新しく鍵交換が推奨されているという訳です。

私がまだ学生の頃の話ですが、東京の台東区にある中古の一戸建てを両親が購入しました。
その際父が「鍵は新品のピカピカだぞ!」と嬉しそうに言っていたのを今でも鮮明に覚えています。
その時は良くわからなかったのですが、父としては防犯の為に玄関のドアの鍵交換をきちんと
してくれていたのだなと思います。
そのおかげと言ってはなんですが、それから数十年我が家は空き巣被害に遭うこともなく
毎日平穏無事に暮らせることが出来ています。
tel

 

 

 

 

埼玉、東京都23区内で鍵交換、鍵修理、調整、鍵取付け、電子ロック、電子錠から防犯設備(セキュリティシステム)の設置、 ドアクローザーの交換・修理、認知症の徘徊対策などをお考えの方は、24時間365日対応の当店にお任せ下さい! まずはお気軽にご相談ください!

サブコンテンツ
鍵交換、鍵修理、鍵開けの問い合わせ

当社は埼玉県全域・東京都23区内まで超特急

当社は埼玉県全域・東京都23区内まで超特急

当社は埼玉県全域、東京都23区内にて超特急でお伺い致します!

このページの先頭へ